動かなくなった古い和時計。
それはたくさんの思いを見せてくれた、大切な存在だった。
だから俺は、それを、その思いを…引き継ぐことにした。

友人から昔誕生日でいただいた顔彩を使ってみたくなり、和風の色合いに廻時計が描きたくなりました。
昔もらったのをなぜ使わなかったのかというと、使い方を知らなかったからです……ごめん、友人。



タイトルページへ 最初のページへ