Top > 廻時計

戻る存在(モノ)、生きる存在(モノ)








2016年のお盆に日記漫画として描いていたもの。
実は7話目以降の展開に少し思いを馳せています。



タイトルページへ 最初のページへ