投票ありがとうございます!
一瞬でしたが、それでも参加してくださった方がいて感謝です。
そのお礼に今回描いてみました。生意気な奴ですが、気に入っていただけたなら何よりです。

そしてこのお話にちなんで。
ギーディとリヴィは2人で1人を演じているわけですが、二人のどちらかが両方をこなすのは難しかったようで、
政のリヴィ、戦術のギーディとなりました。
もともとどんなに傷つけられてもどこか相手を気遣ってしまうリヴィには戦闘は不向き。
ケンカ慣れしていてじっとしているのが大の苦手なギーディには政は不向き。
そんなわけで適材適所になりました。

ギーディが表立って出ていくのは戦いがあるのが大前提。功績を上げれば敵国での罵声も大きくなります。
だから自分が好かれることは諦めています。その分、リヴィが自国で愛されれば十分だと思ってます。
自分に真っ向から愛情を注ぎ続けてくれるのがリヴィ。デーヌももちろんなのですが、年月と年齢の差でしょう(笑)
同じ顔をして、いつも隣にい続けてくれるもう一人の自分の幸せを願う。
其れしか頭にない奴なので、票をいただいたのが自分だなんて思いもよらなかった模様。
どこかでリヴィとデーヌ以外からもらう自分への褒め言葉は『戦士として』畏れを表すものだと思い込んでいたようです。
慣れないことに戸惑ったようですが、ちゃんと喜んでます。これでも!これでも喜んでるんです!()


超短期決戦のお遊び企画でしたが、お付き合いいただきありがとうございます!



ところで。
DayDreamは3ページで終わる呪いか何かがあるんですかね。



タイトルページへ  最初のページへ